北京情報

【住んでいる人が教える】北京の治安

こんにちは

広告
スポンサーリンク

元帰国子女、元留学生、元駐在員、ついに駐妻のLamaです。

今は中国で2人の子供を育てています。

 

世界一治安のいい日本から海外に引っ越すにあたり、誰もが心配になるのが、「現地の治安ってどうなの?」という点ですよね。

反日活動がニュースで大きく報じられることが過去にあったので、あまり良いイメージがないかもしれませんが、北京在住通算4年半のLamaが日常で感じていることをお伝えします。

 

北京の治安について

<結論>

大人は安全。

子供は注意が必要です。

もともと北京は中国の中でもかなり治安がいいと思います。

「もともと」というのも、北京は言わずもがな中国の首都です。騒乱、暴動など起ころうものなら(反日デモなど政府主導のものは別ですよ)党のメンツに関わるので、怪しい動きがあればたぶん即連行されています。

5年ほど前まではバスでカバンを切られて財布がなくなっていた、というような話も身近でありましたが、今や電子決済社会で財布を持ち歩かなくなったことも影響してか、そいうった被害にあった話も聞かなくなりました。

また、過去とは比較にならないほど町中はカメラだらけで、なにかあればすぐばれるという抑止効果もあるようです。

近未来映画にあるような恐ろしい監視社会を生きているといった面の気持ち悪さはありながらも、女性が一人で夜道を歩けない、流しのタクシーに乗れないというような国ではないことは確かです。

 

ただし、子供には注意が必要です!

 

日本も自分が子供の頃と比べて注意が必要な時代になってきていますが、中国人は子供を一人で外出させることは絶対にありません。

ニュースにはなりませんが、中国では人身売買目的の誘拐がかなり多く発生しています。

多すぎてニュースにすらならないのでどのくらいの規模かわかりませんが、巷にはゴシップ情報があふれています。

・子供がショッピングモールでエレベータに引き込まれそうになった。

・駅で物乞いしている子供が数年前に行方不明になった息子にそっくりで、警察に通報したところ誘拐組織から救出することができた

・誘拐犯に脅されて親子を演じていたが、異変に気付いた食堂の店員が察知して警察に通報した

・ぱっと身元が分からないように、子供が髪の毛を剃られて、連れ去られかけた

○○モールで未遂があったとか、外国籍の子供もさらわれかけたというまことしやかにささやかれています。

真偽のほどは定かではありませんが、売られた子供の行きつく先は農村の労働力(女の子は子供を産ませるため)や、手足等を切られて物乞いをさせられる、臓器売買、売春など闇社会のありとあらゆる犯罪に巻き込まれる可能性があり、想像するだけで背筋が凍ります。

不特定多数の人が出入りする場所ではとにかく子供から目を離さないようにすることが肝心です。

 

そして最後に、これは治安ではありませんが、子供の安全についてもう一つ気に留めるべきことは、交通事故に合わないために細心の注意が必要だということ。

道は広いものの、歩道はガタガタ、何が落ちているかわからない…

(道端に「便器」が落ちていたこともありました(。´・ω・)? 一体何故???)

車道は人、車、バイク、チャリ、電動バイク、電動3輪車などありとあらゆる乗り物が行き交い、交通ルールはないに等しく挙動が予測できません。

子供が急に走り出したりしないよう、外出中はしっかり手を握って歩いてくださいね。

 

まとめ

・大人は問題なし

・子供は要注意!!

 

【中国駐在が決まったら読みたい】家族で来ることをおすすめする5つの理由 Lamaが夫の赴任に伴い、仕事を辞めて引っ越ししたのは昨年7月。 渡航して約7か月目という計算になりますが、実は通...

 

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ