コーチング

生まれながらのダンサー

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

私がコーチングの勉強を

始めた頃に聞いた

とても好きなお話があります。

 

イギリスのジリアン=リンという

CATSやオペラ座の怪人に代表される

大成功を収めた舞台の振付師のお話です。

 

彼女は子供の頃、

学校でじっとしていることが

できなかったそうです。

 

1930年代当時、

学習障害なんて言葉はないものの、

先生からは何らかの障害を疑われ

病院に連れて行かれます。

 

医者がジリアンを診てからしばらくして、

「ママとお話があるから

ここで待っていてね」

とラジオのスイッチをオンにしてから

母親と一緒に診察室を出ました。

 

外に出た2人が窓から中をのぞくと

ジリアンはラジオの音楽に合わせて

ずっと踊っていたそうです。

 

医者は母親にこう進言します。

「ジリアンは病気ではありません。

 彼女はダンサーなのです。

 ダンスレッスンに通わせてあげてください」

 

そこから彼女は

クラッシックバレエの世界で

頂点まで上り詰め、

バレリーナを引退した後は

振付師として

大きな功績を残しました。

 

彼女は

ダンスが誰よりも好きで得意だったはずなのに

そのことに気づいていませんでした。

それほどまでに彼女にとって

踊ることは当たり前すぎて

逆に盲点になっていたんですね。

 

ありのままに彼女をみた

第三者がその才能に気づいたことで

彼女の人生は一変しました。

 

もちろん

自分で深く考えることも

セルフケアとして

とても効果があると思いますが、

コーチとのセッションで

フィードバックを受け取ったり、

感じていることを言語化することで

より自分の強みに気づくきっかけを

増やすことができるかもしれません。

 

ちなみに

この話はTEDで再生回数一位を誇るスピーチで

語られたエピソードです。

ロビンソン卿が

イギリス人らしいブラックジョークたっぷりに

教育論について語ったものですので

よかったら見てみてください(^^)

https://youtu.be/iG9CE55wbtY

 

今日の質問◆

人に言われて
初めて気づいたことはありますか?周りに秘密にしているけれど
実は得意なことありますか?

 

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

 

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ