子育て

桜も藤も紫陽花も

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

今年は早めの梅雨入りで

紫陽花の季節ですね!

日本ではいたるところで見かける

ポピュラーな花ですが、

案外外国では見かけることが少ない気がします。

私の中では日本っぽいイメージがあります(^^)

と思って調べたら

日本原産の花なんですね!

なるほど納得!

 

先日ストレングスコーチかつ

母親の大先輩から子育てのお話を聞いて

おすすめの本を読んだりしているのですが、

子育ては花が咲くのを待つこと

だという例えがあって

なるほど!と感じました。

 

桜に咲け!と言ったり

肥料をたっぷり与えても

天候や気温次第で

条件が揃わなければ咲きません。

 

もっと言うと、

桜だと思って

4月に咲かなくてがっかりしていたら

実はアジサイ6月に咲いた!

とか

実はバナナの木で

熱帯地域に連れて行かないと花が咲かない

ということもあるかもしれません。

 

どんな花が

咲くかすら

お楽しみな

そんな感じなのかなーと

イメージしてみました。

 

だから、

無理やりこの時期に咲け!とか

この色の花になれ!、

桜になれ!

というのではなく、

木の健康には目配せしながら

成長の過程を楽しんだり、

つぼみがふくらむのを愛でたり

必要な環境を整えてあげるのが

親の役割なのかなぁと。

 

花は

綺麗だと褒められたり、

みんなが喜ぶからではなく、

ただただ

自分のために咲いているんですよね。

 

今日は

曇り空の下で

そんなことを考えてみました。

 

◆今日の質問◆

雨の思い出
ありますか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

Photo by Tiffany Chan on Unsplash

 

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ