コーチング

心も避難訓練を

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

先日井上ウィマラ先生という

瞑想界の大先生のお話を伺いました。

 

子供が小さいと

日々の生活に追われることが多いので、

マンドフルネスとか瞑想とかは

なんだか遠い憧れの場所の様な

イメージがありましたが、

実は日々の生活にも

瞑想と同じように

気づきを得られる瞬間が訪れるそうです。

 

瞑想するには

「静かな場所に座って心穏やかに」

じゃなくてもいい

というのが目からウロコ!

 

例えば

あなたはどんな風に

家族のことを呼んでいますか?

怒った調子?

急かすような声?

優しい問いかけ?

 

瞑想は呼吸に意識を向けるというのが

基本ですが、

言葉を発しているときは

息を吐いている時です。

その時どんな呼吸になっているか

意識してみるだけで

気づくことがありませんか?

瞑想の基本はこの瞬間に意識を向けること。

呼吸一つに意識を向けることも

立派な「瞑想」になるそうです。

 

心穏やかに仏のように日々暮らすのなんて

人間らしくないじゃない?

と、

何年も厳しい修行を重ねてきた先生ですら

「もうお前なんか死んじまえ!」

と思う瞬間があるそうです(笑)

 

人間だからこそ

怒ったり、泣いたり、笑ったり

自然に出てくる感情を

止めることはできません。

 

できるのはそれを受け止めること。

私は何を怒っているのか、

何を悲しんでいるのか、

そこに目を向けると

実はこうして欲しかった

という思いが見えてきます。

 

誰かを大切にしたいと思ったら、

まず自分を大切に。

 

辛い経験をした時に

初めて自分をいたわるのではなく、

避難訓練のように

元気な時にこそ

自分を癒してあげてください。

 

「慣れていることでなければ

いざというときにできない」

避難訓練の鉄則です(^^)

今日の質問

自分をいたわる時間をもっていますか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

Photo by Chelsea Gates on Unsplash

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ