コーチング

もやもや ありますか?

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

今、

もやもやしていること

ありますか?

 

実は

もやもやって自ら

次から次へ質問を投げかけてきます。

 

「何で私がこんな目に?」

「どうしてうまくいかないんだろう?」

「誰のせい?」

etc…

 

こんな質問を

ずっと頭の中で

投げかけられていれば

それは落ち着かないですよね。

 

理由は

もやもやが

投げかけてくる質問は

「自分がコントロールできない状態」

という前提に立っているからです。

 

ちょっとだけ、

もやもやに対する

質問の種類を変えてみませんか?

 

例えばこんなふうに

・私はこの状況がどうなってほしいと思っているんだろう?・今できることは何かあるだろうか?

・この状況/失敗/問題から何か学べることがあるとしたら?

 

もやもやが

質問と一緒にもたらしてきた

体の緊張や、心の痛みは、

手に負えるテーマに変わると

ベクトルが変わります。

 

質問を変えてみて

ちょっとやる気が出てきましたか?

 

気持ちがこわばるような質問を

頭の中から追い出すだけでも

効果があると思いますので

ぜひ書き出してみてくださいね(^^)

 

最後に

この捉え方の違いについて

私の尊敬するコーチである

木村純子さん

「被害者的態度」と「主体的態度」

という言葉で解説されている動画が

とてもわかりやすいので

紹介させていただきます↓

https://youtu.be/V8XxVpmrnkU

 

木村コーチのお話は

被害者的態度と主体的態度

それぞれあるけれども

どちらが良くて、

どちらがダメということではなく

自分がどの状態か

よく観察しましょうということです。

 

今は無理やり元気になる必要ない

というときはしっかり

心と体を休めてあげてくださいね。

 

こんなかんじで質問を投げかけてる

セフルコーチングメルマガを週2回配信しています。

いいじゃん!と思った方はこちらからご登録お願いします。

 

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

Photo by Brendan Church on Unsplash

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ