コーチング

自己効力感の話

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

今日は

私が枕詞に使っている

『自己効力感』という言葉を

改めてご紹介したいと思います。

 

「自己効力感」は

カナダの心理学者

バンデューラが提唱したもので

「個人がある状況において必要な行動を

効果的に遂行できる可能性の認知指す」

と定義されます。

 

私が使っていると

ふわっとした造語のようにも

聞こえていたかもしれませんが

学術的に確立された

れっきとした社会認知学上の概念です

(^^;)

 

そして

自己効力感を上げる方法も

具体的に分かっていて

以下4つあります:

①達成経験

自分自身が過去に成功した経験

②代理的経験

他の誰かが成功しているのを観察する

③言語的説得

「あなたならできるよ」と励まされる

④生理的情緒的高揚

(お酒・その場のノリなど)勢い!

 

このうち

①達成経験が一番強力

だと言われています。

小さくても成功体験を重ねていくと

どんどん自信も強化されて

より高い目標に

チャレンジできるようになります。

 

実は私も2か月ほど前に

コーチになって初めて

英語でコーチングをする

という機会がありました。

最初は④ノリで引き受け、

①かつて仕事で使っていたこともあるので

多分大丈夫だろうと感じていました。

 

とはいえ

英語は話せるし、

コーチングもできるけど

英語でコーチングはやったことないぞ!

ということに気づき

セッション前日は

脳内シミュレーターが

かなり暴れていましたが

何とかセッションを終え、

クライアントさんには

喜んでい頂けたので

①達成経験が強化された形です。

 

案ずるより産むが易しで

どんなに小さな成功体験でも

類似の体験でもいいのです。

 

雪だるま式に

自己効力感は強化されるはずですよ。

 

とはいえ

もしあなたが

一人では不安なので

コーチに背中を押してほしい

ということがあればぜひご連絡ください

(^^)v

 

今日の質問

これからやりたいことで
過去成功体験を思い出してみてください。
どんな小さなことでもOKです(^^)




読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

 

Photo by Blake Weyland on Unsplash

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ