コーチング

「静かな時間」取ってますか?

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

3月末に娘の卒園式がありました。

仏教系の幼稚園なので

子供たちは座禅を日常的にしていたのですが、

お坊さんでもある園長先生が式辞で

みんなは卒園しても「静かにする時間」

大切にしてください

ということを話されていて

ハッとさせられました。

 

今この時代

起きている時間はほとんど

自分以外の声を聞いて過ごしている時間

なのではないでしょうか?

 

私は

家族のあれやこれやに応える、

学校や習い事の連絡に目を通す、

仕事のメールに対応する、

ネットを見る

Clubhouseを聞く(←NEW!)

などなど…

 

皆さんは

自分の声を聞く時間を

どのくらい持てていますか?

 

私のクライアントさんは

働くママが多いのですが、

「聞いてもらえてよかった」という言葉で

感謝を表現されることがとても多いです。

 

友達や家族と話したりもできますが、

相手も意見があるので時間効果は半分で、

逆に意見が違って

「言うんじゃなかった…」みたいな

シチュエーションも起きがちです。

 

コーチはその点

傾聴する訓練を受けているので

クライアントさんが

コーチを通じて自分の声を聞く時間に

なるんですよね♪

 

座禅やマインドフルネスも

取り組めるととても良いのですが、

その手前にまず

「自分の声を聞く時間」

持ってみませんか?

 

あ、もちろんこのブログも

セルフコーチングを意識しているシリーズですので

そのきっかけになれば(^^)

 

今日の質問

あなたはどのくらい自分の声を聞く時間をとっていますか?
読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ