コーチング

Question everything!

こんにちは!

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

タイトルの”Question everything!”というのは

アインシュタインの言葉です。

 

4歳児は一日400回質問する

という調査結果があるそうですが、

大人は多くても

せいぜい数十回というところでしょうか。

 

でも実は心の中では

自分に対して常に質問をしていることに

気づいていますか?

例えば、朝起きて

「今日はどんな天気かな?」

という質問に対し、

服を選ぶ

という行動を起こしています。

 

毎日膨大な数の質問を投げかけて、

一つ一つの質問が

行動の起点になっていることに気づくと

質問の「質」

重要になってきますよね。

 

以前少し荷が重い仕事があり、

案の定、自分でも結果に対して

手ごたえを感じられませんでした。

改めて思い返してみると

その時自分の頭に浮かんでいた質問が

「私はうまくできているだろうか」でした。

完全に自分目線で心配しているだけの質問、

相手の視点ゼロですね(苦笑)

これで上手くいくはずありません。

 

人は質問をされると

そこに意識が向く習性があります。

質問次第で探す答えが変わって、

起こす行動が変わります。

そして行動が変わると

結果が変わります。

 

もしまた同じような場面が来たら

私はこういう質問を自分にしようと思います。

「相手は何を望んでいるんだろう?」

「私は何に対して責任が持てるだろう?」

「この場から私と相手はそれぞれ何を学べるだろう?」

 

◆今日の質問

あなたの所属する組織のメンバー
もしくは家族が
「何を望んでいるんだろう」と
質問してみてください。

どんな答えが出てきましたか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

Photo by Simone Secci on Unsplash

ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ