コーチング

世界一長い調査

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

今年は東日本大震災から10年。

皆さんそれぞれの想いの中

3/11を過ごされたかと思います。

 

私は当時中国に駐在中だったので

「日本で大きな地震が起こったらしい」

という情報だけ入手したまま、

夜帰宅してNHK海外放送を見て

初めてことの重大さを知り、

テレビに釘付けだったのを覚えています。

 

そんな中

ふと思い出したのが

「幸せに関する調査」でした。

1938年に始まったこの調査は

「良い人生を送るために必要な要素」

を発見するために始まったもので、

対象者は

ハーバード大学2年生の青年と

同年齢の地元の貧困家庭出身の青年という

2つの対照的なグループで724名が参加しました。

 

毎年のアンケートを送ったり、

健康チェックやインタビューを行ったり、

存命の対象者が90代を超えた今も

続いているそうです。

 

80年以上かけて

人生の追跡調査を行った研究の結果

明らかになったのは

人生を幸せにするのに大切なことは

お金や名誉、仕事のやりがいではなく

「良い人間関係」

だったそうです。

 

良い人間関係は

健康にもとても影響が大きく、

50歳で最も幸せな人間関係にいた人が

80歳で最も健康でした。

 

今時の人生ゲームの勝敗は

お金ですらなく

フォロワー数で決まるそうですが、

この調査で明らかになったことは

人間関係=友達の数ではなく、

困難な時に頼りにできる存在かどうか、

つまり人間関係の「質」です。

 

誰もが繋がりを意識した10年前を思い出し、

今日は大切な人と話をしてみませんか?

 

<参考動画>

https://youtu.be/8KkKuTCFvzI

 

◆今日の質問

あなたが困難な時に頼れる人は誰ですか?

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ