コーチング

できないことは無限の可能性のありか

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

以前トークイベントで学校の先生お二人の話を

聞く機会がありました。

 

「当たり前」をやめる学校改革

で話題になった

工藤勇一先生

「教えない授業」を提唱されている

山本崇雄先生という

メディアでも度々取り上げられている

最先端の教育を実践していらっしゃる先生方です。


 

自己肯定感の低い子供が増えている

色々な調査で明らかになっていますが、

日本の子供たちは世界的に見て

極端に自己肯定感が低いと言われています。

令和元年の調査の国際比較でみると

自分自身に満足している/どちらかと言えばそう思う

と答えた生徒の割合が諸外国では7割以上いるのに対して

日本は45%とかなり低いんです。

そしてはっきりと「そう思わない」と答えた生徒の割合が

諸外国が10%未満なのに対して

日本は24.2%と圧倒的に高い!

 

しかもその割合は5年前の調査と比べても増えています。

私はむしろこの方が問題だなと思います。

図表3 自分自身に満足している
<出典:令和元年 内閣府 子供・若者白書

 

なぜ日本人は自己肯定感が低いのか

ではなぜこのようなことが起こるのでしょうか?

海外で育った経験がある私が特に敏感に感じることは

日本は褒めるよりも謙遜が美徳とされる文化的な背景です。

娘
確かに!
褒められても「そんなことないです」とか言っちゃうよね
lama
lama
昔、
そのまま無邪気に誉め言葉を受け取ったら
「調子に乗っている」と、
陰でいちゃもんつけられたことすらあるよ…

 

さらに、工藤先生と山本先生が対談の中で言及されたのは

早くから受験戦争に巻き込まれ、失敗したり脱落した経験から

10歳そこそこで「どうせ自分なんか」と感じ

自分は無価値だとささくれている子供たちがかなりいるとのこと。

先生方はそれを強く感じる現場で指導をしてきたそうです。

 

自己肯定感を下げ止めるために必要なこと

トークイベントの中でお二人の先生が

共通してメッセージとして伝えていたのは

選択肢を与えてあげることの大切さ

 

そして、できないのではなく、

出来ないことこそ「可能性」のありか

捉えるというような違う視座で声かけしてあげることでした。

 

これは子供だけではなく、

大人にも共通しているのではないかと思いませんか?

 

人は小さな自己決定をし続けることで

少しずつ自己効力感を持ちます。

自己効力感は私が大切にしている

「私ならできる!」と信じられる力のことですが、

この積み重ねが自己肯定感を育んでいきます。

 

つまり

自己決定=自己肯定感の芽

 

特に相手が子供の場合

無遠慮に勝手にしろ!と投げ出したり

言うことを聞きなさい!と押さえつけるのは

簡単です。

ささくれた態度を取られても放置せず、

ぐっとこらえて

出来ないところこそ可能性だよ

言ってあげられるかどうか。

 

ここを超えられた子供は

言わなくても自分から勉強するようになるんですよ

と先生たちはおっしゃってました。

 

学校現場では

その子一人の問題ではなく

周りへの影響も甚大なので本当に切実ですよね。

 

新しいことに目を向けた時に臆病になるよりも、

これが可能性かもとワクワクで捉えたほうが楽しいよ、と

伸びしろに目が向くようにできるといいですね❣

今日の質問

自分を理解してくれようとした先生がいましたか?
どんな時にそれを感じましたか?




読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ