コーチング

満足と充足感

こんにちは 自己効力感を高めるコーチ Lamaです。主に子育て世代のワークライフバランスに役立つコーチング情報を発信しています。

広告
スポンサーリンク

コーチングに関する記事は主に私が発行しているメルマガの内容を加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

先日のポジティブ心理学の記事が好評だったので続編です♪

「幸せ枠」の上げ方こんにちは 自己効力感を高めるコーチ Lamaです。主に子育て世代のワークライフバランスに役立つコーチング情報を発信しています。 ...

満足感を上げると人はどうなる?

ポジティブ心理学はストレングスファインダーのベースになっているので当然と言えば当然ですが、私がGallupの研修で学んだこととよく似ているなーと改めて感じたので今日はその観点からポジティブ心理学を見てみようと思います。

これまで会社の経営層はいかに従業員の満足度を上げるかに力を注いできました。社員満足度調査を実施して福利厚生を手厚くしたり某IT企業の真似をしてオフィスをおしゃれに変えたりと事例は山ほどあるかとおもいます。

でもGallupの調査によると「満足している従業員」は必ずしも生産性が高いとは限らないそうです。満足⇒長時間いるけどエネルギーは使わないという身もふたもない調査結果が出ていたりします。会社もこれでは報われないですね…

従業員の福利厚生の改善など満足感重視になると最初は喜ばれてもそれが当たり前になり、時間がたつと「B社の方が待遇が良い!もっと改善を!」と逆に不満が醸成されることにすらなったりします。

娘
満足感は生産性を高めないどころか、
不満の種にすらなっちゃうんだね

 

生産性を高めるもの

じゃぁ、生産性が高い人は何が違うの?という疑問が湧いてきます。Gallupの調査結果で明らかになったパフォーマンスの高い従業員は満足感ではなく充足感をもって仕事をしているそうですよ。

これをGallupは仕事に対してエンゲージしている状態と定義しています。

エンゲージメントが高いと主体的に仕事に取り組み、難しい仕事でも熱意と行動でイノベーションを起こすことができる。満足感と充足感はいずれも日本語だと「幸せ」や「喜び」といった言葉にも置き換えられるのでよく似て見えるのですが中身はかなり違いますね。

満足感(Pleasure)はWhatのニーズでその時の心地よさや喜びによるもの。

一方充足感(Gratifications)はWhyのニーズで使命感をもって時間を忘れるほど没頭したり困難をも挑戦に変えていく自分らしい行為そのものとも言えます。

夜中のアイスクリームは満足ですが、健康的な体を維持するのが充足感という感じでしょうか。満足の方がはるかに簡単ですが長く続くのは充足感の「喜び」だそうです。

自分の充足感を満たすには価値観に基づいて強みを活かすことが一番!強みって何?という方はぜひストレングスファインダー受けてみてくださいね。ストレングスファインダーを受けてレポートを見るだけでは残念ながら「ふーん」で終わってしまうことが多いです💦

ぜひコーチと一緒に紐解きをしてみてください!

初めて受ける方も、過去に受けたけどほこりをかぶっている方もぜひご興味ある方是非ご一報ください(^^)

今日の質問

最近どんな時に充足感を感じましたか?




読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ