子育て

エンゲージメントをビジネスだけでなく子育てにも!

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

先日

私のストレングスコーチングの先生である

大岸コーチから

「子育てにストレングスと

エンゲージメントを!」

というテーマでお話を伺いました。

大岸さんはコーチとしてだけでなく、

外資系企業でバリバリ仕事をされながら

二人のお子さんを立派に育ててこられた

スーパーマザーとして

雑誌でも度々登場されている

本当にすごい方です♡

 

お話を聞いて

自分自身振り返って

子供の強みを伸ばすという考え方は

意識して取り入れてきたと思うのですが、

「エンゲージメント」という観点が

抜けていたことに気づきました。

 

「エンゲージメント」は

パフォーマンスを高めるための土台となる

「意欲」という意味合いで

ビジネス界ではよく聞く言葉ですが、

大岸コーチは

家庭におけるエンゲージメントを

「安全基地」という位置付けて

語っていらっしゃいました。

 

誰でも

安心・安全が確保されていない場、

もしくは信頼できる相手でなければ

「何でも話して!」と言われたところで

心を開けないのではないでしょうか?

 

具体的にはどんな場所で

自分の安心・安全を感じますか?

どんな人なら信頼できると

思いますか?

 

子供にとって

家を安全基地にしようと思ったら

まず親がこの問いの答えを

体現してみて、

というアドバイスをいただきました。

 

子供は親の言うことではなく

親のやることを見ています。

 

ダメ出し、

頭ごなしの命令、

忙しいからと後回し、

色々やっていたなと反省…

 

子供が変わることを願ったり、

変わらないことに落胆する前に

自分を変えてみる方が近道かもしれません。

 

自分の背中も意識したいですね。

 

今日の質問

安心・安全の場を持っていますか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

 

Photo by Kelli McClintock on Unsplash



広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ