コーチング

幸せの4因子

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

今参加している

母親アップデートコミュニティー(HUC)という

オンラインコミュニティのイベントで

「幸福学」という学問の存在を知りました。

 

まずびっくりしたのが

幸福は伝染する!

これは科学的に実証されているそうですよ!

 

何となくわかりますよね(^^)

楽しい人の近くにいると元気をもらえるし

逆にネガティブなオーラを発している人が

チームにいると

みんなのエネルギーレベルが下がる、

というのは経験的に

感じたことがあるんじゃないでしょうか?

 

人間なので

どんな時も元気いっぱい

という訳にはいきませんが

これを意識していると回復が早そうですよね。

 

で、

どうしたら人は幸せを感じるか

ということについて

幸福学では

4つの因子に分解して

説明をしています。

 

1つ目は自己実現と成長の

やってみよう因子

2つ目はつながりと感謝の

ありがとう因子

3つ目は前向きと楽観の

なんとかなる因子

4つ目は独立と自分らしさの

ありのままに因子

 

これをもとに行動して、

さらに声に出すとよいそうです。

やってみよう因子を発揮している人がいたら

「いいね!」

「やったー」

「すごいね」

と声をかけてあげる。

 

こんな感じで

「ありがとう」

「次がんばろう」

「自分は自分」

のように4つの因子を称える言葉を

使い続けると効果が高まるそうです。

 

実際小学校低学年のクラスで

この声がけを続けたところ

半年で子供同士の関係性が良くなり、

積極的に授業に取り組む姿勢が生まれて

クラスの学力も上がったそうです!

 

なお、

講師は前野マドカさんで、

旦那様である前野隆司と一緒に

「幸福学」を研究し

広める活動をされています。

参考までに幸福学の書籍を貼っておきますね。

 

今日はなんだか見ているだけで

元気になれる言葉たちでいっぱいですね(^^)

 

今日の質問◆

4つの因子のうち
どれが得意ですか?周りの人にも言葉をかけてみてください。

 

 

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ