コーチング

ココロの花の栄養

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

最近マインドフルネスを世界に広めたティク・ナット・ハン師というベトナム出身の仏教の高僧の本を読み、とても印象的な視点があったので紹介させてください。(タイトルもそこから頂きました^^)

 

テーマは「怒り」です。

 

以下少し長いですが一部引用です:

感情は、ネガティブなものも、ポジティブなものもどちらも有機的なもので同じ現実の一部です。

ですから両者を戦わせる必要はなく受け入れて対処すればよいのです。

・・・

善悪を戦わせて自分自身を戦場にすること、「悪」は撲滅して心や頭から追放しなければならないと考えるのは誤りです。

・・・

生ゴミがなければ堆肥を作る材料がありません。

堆肥がなければ心の花に栄養を与えるものがありません。

悩みや苦しみは必要なのです。

これらの感情は有機的なものですから、変容させ、有効に使うことができるのです。

いかがですか?

 

きっと皆さんも辛い経験をバネにしたり、苦しんだ経験をきっかけに何かを学んだり、負の経験をエネルギーに変えて乗り越えてきたことがあるのではないでしょうか?

悩みや苦しみは必要だ

という言葉が心に刺さりました。

 

渦中にいるときはこの世の終わりのような気分でしたがそれは振り返ってみたら

自分を成長させた時間だったと感じることが沢山あると思います。

 

怒らないで暮らす、悩みなく生きる、というように一つの経験が持つ負の側面だけを避けるようにすることは原理的に不可能だという前提のもとハン師はこう言っています。

その感情が出てきたら無視するのではなく、

やぁ、出てきたね、

こんにちはと声をかけて、泣いている子供をあやすように抱っこしてあげましょう。

とはいえ怒りも、悩みも無理やり心の底にそれを押し込めるのではなく、居場所を作って落ち着かせてあげるというのは簡単そうでかなり修行がいりそうです(^^;)

 

私は怒りの感情が出てすぐ瞬間的に穏やかな気持ちになることは難しいかもしれませんが、挨拶ぐらいはしてみようと思います。

 

怒りや悩みが泣き止んだとき、どんな花を咲かせてくれるか一緒に楽しみましょう。

 

◆今日の質問

困難を力に変えた経験はありますか?もし今抱えている悩みや怒りがあれば
いずれどんな力に変えられそうすか?

 

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

 

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ