コーチング

「はじめてのおつかい」が流行っているらしい

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

なぜ「はじめてのおつかい」が話題なのか

日本のテレビ番組

『はじめてのおつかい』

Netflixで配信が始まり

海外でかなり話題になっているそうですよ!

 

私が子供の頃と違って

日本も最近では安全に気を使わなければ

と思わせるようなニュースも増えていますが、

日本人にとって子供だけで出かけたり、

遊びに行くこと自体

特に珍しいと思いませんよね?

 

実は海外では

子供だけで遊んだり外出なんて全くありえない!

という世界。

 

私が子供の頃住んでいたアメリカは

どこに行くにも

16歳で免許を持つまで親が送迎が当たり前。

子供だけでお留守番させるだけでも

虐待で通報されるという感じなので、

私も高校生の時は

たまに知人のご家族のベビーシッターとして

数時間行ってお金をいただいていました。

(高校生が大人か?と今は思いますが^^;

家にいて子供と遊ぶだけなので当時は楽ちんバイトでした)

さらに中国では

一説によると年間20万人の子供が

行方不明になっているといわれるほど

子供の誘拐がものすごく多い(!!)ので

大人は片時も子供から目を離さないように

という感じです。

 

そんな海外の人たちは

4,5歳の子供が一人で出かけること自体に

本当に驚いています。

 

ということで

子供たちが必死におつかいする姿が

可愛い!ということのほかに

いかに日本が安全かや、

日本の子供はなんて自立しているんだ

ということがもっぱら海外での評判です。

 

安全あってこその自己効力感

以前は何気なく見ていた番組でしたが、

海外からの評価をきっかけに

これは本当に

自己効力感を育む体験だなぁと改めて思いました。

 

しかも自由に出かけるのではなく

「おつかい」というミッションがありますよね。

信号を一人で渡ったり、

店員さんと話したり、

色々なリスクやチャレンジを乗り越えて

ミッションを達成したとき

子供にとって自信になって、

おつかいに限らず

チャレンジすることは楽しい

とか

誰かの役に立てたという貢献感

を感じられるんじゃないかなと思います。

 

そしてそのチャレンジの前提になるのが

少々失敗しても自分なら大丈夫と思える安心感

だと思いませんか?

 

自己肯定感が

小さなチャレンジを可能にして、

成功体験を積み重ねることで、

自己肯定感がさらに高められる

というサイクルができるともう無敵ですね!

 

大人だってチャレンジできる

大人はリスクを考えてしまう分

なかなか新しいチャレンジを

自分で作ろうと思いづらいものかもしれません。

 

多少転んだり失敗しても大丈夫と思えると

一歩踏み出せるし、

一歩踏み出せれば自ずと勇気が湧いてくる。

そんな経験ありませんか?

 

暗い気持ちになるニュースが多い中で、

がんばっておつかいへ行く小さな子供たちに

世界中が癒されているのは

なんかほほえましいですよね。

 

今日の質問

やりたいけれど
まだ一歩踏み出せていない
ことありますか?




読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ