コーチング

軽やかなGIVERになろう♪

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

私は

メルマガの最後にいつも

❤️Be a giver❤️」(=giverになろう)

という文章をつけて、

メルマガをいいなと思ったら

お友達に紹介してください

ということを

お願いさせていただいています。

 

今日はGiverのはなしを

ちょっとお話しさせてください。

 

ペンシルベニア大学で教鞭をとる

心理学者のアダム・グラント教授によると

世の中には以下

3つのタイプの人がいるそうです。

① Giver (=与える人)

② Taker (=奪う人)

③ Matcher(=ギブアンドテイクする人)

 

この中で

一番成功するのは誰だと思いますか?

 

実はGiverなのです。

 

この人あざといよなー

って人はいますよね。

でもテイクばかりしている人は

最初は伸びるのですが、

どんどん人が離れていくので

いずれ失速するそうです。

 

面白いことに

一番成功できないのも

実はGiverだそうです。

 

時間やエネルギーを

どんどん人のために使ってしまい、

自分ために力を残せていない場合は

不幸になります。

 

不幸なGiverにならないためには、

自分が使えるエネルギーの余力を残して

誰かのためにしてあげること。

そしてもし相手がTakerだった時は

Matcherに変わることが大切です。

 

新しいキャリア論で話題になった

『ライフピボット』の著者である

黒田悠介さんも

同様の指摘をされています。

いいGiver具合というのは

自分がちょっとメールすれば

連絡できる人を

誰かに紹介するだけで

ものすごく感謝される、

というように

相手にとって大変なことを、

自分の得意分野でGiveするということ。

まさに

ストレングスファインダーの発想と

似てますね!

 

自分にとっても大変なことまでするのは

不幸なGiverになってしまいます。

例えば

メールで紹介なら5分でできますよね。

相手には感謝されるし、

自分にも余力もあるから、

より多くの人にGiveもできるし、

巡り巡って今度は助けてもらえるかも

というおまけつき💛

 

最初から何かを返してもらうことを

期待するのはMatcher的発想ですが、

黒田さんは

50年後に恩返ししてもらえるかもね

くらいのスパンで考えているそうです(驚)


ということで、

軽やかなGiverになっていただけるように

その秘訣をお話ししました。

 

もし私のメルマガを読んでみたいなー

と思っていただけたら

こちらのリンクでご登録いただけると嬉しいです

(^^)

 

今日の質問

最近あなたが
『軽やかなGIVER』になったのは
どんな時ですか?




読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

 

Photo by Jess Bailey on Unsplash

 

 

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ