コーチング

白い布と電気信号

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

映画を見ていると

悲しくて泣いたり、

びっくりして心臓がドキドキしたり、

あり得ない展開に爆笑したり、

感情が激しく揺さぶられることがあります。

 

これ、

よくよく考えてみると面白い現象ですよね。

 

ドキュメンタリーは別として

映画は現実じゃないということは

頭で理解できているのに

まるで実際自分の身に起こっていることのように

身体は反応しています。

 

例えば、

「えほん」

という文字を見ても何も起こりません。

 

では次はどうでしょう?

 

「レモン」

 

同じ3文字で

目の前には何もないのに

口の中がじゅわっとしませんか?

 

実は

脳はイメージと現実の区別がつかないそうです。

 

だから

現実は白い布に投影された

電気信号を見ているだけなのに

泣いたりできるんですね。

 

コーチングで

最初に達成したいゴールを質問するのは

脳にイメージを持たせることで

まるでそれが現実に起こっているような

感覚を得ることが出来るためです。

 

プロのスポーツ選手が

イメージトレーニングをする時も

ぼんやりではなく、

繰り返し、

実際の試合の中継映像のように

鮮明なイメージを持つそうですよ。

 

イメージがわくと

身体が反応します。

 

ワクワクすれば

目指すゴールが正しそうだと

判断できますし、

違和感を感じれば、

目指す方向は少し

修正が必要かもしれません。

 

あなたの理想の状態は
どのようなものですか?具体的にイメージできた時、
何を感じましたか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

 

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ