コーチング

キャリアの話

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

キャリアコンサルティング始めました

もともとコーチングのクライアントさんのお悩み相談で

キャリアのことが多かったのがきっかけで

昨年国家資格キャリアコンサルタント試験を受けて合格しました。

ただ、この時はキャリアについて勉強することがメインだったので、

実務として「キャリアコンサルタント」として活躍する場を

敢えて作ってこなかったのですが、

今月からボランティアですが、

出身大学のOB/OG向けのキャリア相談員になりました👏

 

キャリアプランてどうやるの?

人生100年時代と言われ、

政策としてもリカレント教育など

従来のような新卒入社から定年退職まで1本のはしごで進むのではなく、

学校に入りなおして都度必要とされているスキルを磨いたり、

副業をするなど「ジャングルジム型」とも呼ばれる働き方に

労働環境がシフトしていくように言われています。

 

でもなかなか実感ありませんよね?

 

もちろん職業人生が長くなっている

(さらに長くなる可能性大)中で、

新卒入社→定年までというモデルが崩れていることは

情報として誰もが理解していると思います。

 

ただ、

じゃぁどうすればいい?を誰も教えてくれていない!!!

 

とはいえ、

いろいろなケースをイメージするタイミングが

2-30代なのか、それとも50代なのかによって

できる準備が大きく変わりますよね。

 

もちろん気づいたタイミングが一番若いので

何歳になっても遅すぎるということはないと思いますが、

一番おすすめなのは

定期的にキャリアの棚卸をしつつ

早ければより選択肢が広がるという意味で

5年10年先のキャリアまでビジョンを持つ

のがいいんじゃないかなーと思います。

目標はゆるめがいい

ただ、ここで注意が必要なのは

キャリア目標は「現役で東大合格!」とかいうかっちりしたものではなく、

「東京方面に向かう」くらいのゆるーいものにしておく方がベターということ。

 

ビジネスの世界やキャリアも短期の目標であれば明確な方がよいのですが、

コロナやウクライナの戦争など、

本当に世の中予測不可能なことばかりですよね。

 

中長期的なキャリアを考える場合、

職場の人間関係や景気動向で左右されたり、

人によってはお子さん学校や家族の体調の問題だったり、

家族の転勤、はたまた自分の健康など

自分ではどうにもならないことがどんどん襲い掛かってきます。

 

特に出産や育児の負荷が高くなってしまいがちな

女性の方がそんなジレンマに陥って

キャリアが絶たれたという無力感から

深刻なキャリアクライシスに襲われたりすることが多いように感じます。

 

実は私がコーチングの仕事を始めたのは

夫の海外駐在やコロナなど色々な偶然が重なった結果。

明確にコーチになりたいと思っていたわけではないのが本音です。

 

もし私が明確なビジョンを掲げて

こういうキャリアでなければ!!という思いで

頑張っていたら、

たぶん心折れていたと思います。

 

だからこそ

キャリアは目標すらも柔軟でなければならない

ということを声を大にして言いたいと思うのです。

 

備えがあれば道が開ける

私はコーチで独立しようと心に決めていたわけではなかったのですが、

30半ばでコーチングに出会って

学びたいと思い、それを継続していました。

思わぬことが起こり、

変化の中で「コーチになる」という選択肢が目の前に現れた

という感じです。

 

じゃぁビジョンってどう考えたらいいの?

ということですが

自分の強みや好きなこと、

ワクワクすること、大切にしたい価値観って

どんなものだろうと考えるのが一つの方法です。

箇条書きでできるだけたくさん!

仕事のことじゃなくても、

昔のことでも多分100個くらいは書けるとおもいますよ(^^)

 

周囲にいる人に自分の強みをインタビューしたり、

私ってどんな時に頼りになる?と聞くのもヒントになると思います。

 

キャリアビジョンの「向かう方面」が見えてきたら

それに関連する行動をことを意識的にしてみてくださいね。

 

もちろんこれをテーマにコーチングを受けるのも大歓迎です♡

今日の質問

子供の頃なりたかった職業はなんですか?
どんなことが魅力でしたか?




読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ