コーチング

古今東西の人が40歳を定義すると…

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

先日前職の入社同期と

10年ぶりくらいにつながり、

話しをしていたら

「ところで今何歳だっけ???」と

二人で自分の年齢を間違えて

話していたことに気づきました。

 

多分

30代はちゃんとカウントしていたはずが、

40代に入ると「見たくない!」という

意識が働くのか、

自分が何歳だったかを

都合よく忘れていました(^^;)

 

40歳は「不惑」という異称があるとおり

「四十而不惑」という

『論語』にある記述が由来です。

 

心に迷うことがなくなる

 

という意味で理解されていますが

キャリアの今後、

子供の教育、

年老いていく親のこと、

衰え始める体のこと…等々

いまや一番迷いが多いのが

40代ではないでしょうか?

 

『論語』は孔子が書いたものではなく、

その死後に弟子たちが

先生の言葉や行いをまとめたものですが

2500年も前の人物です!

 

なお、同年代のギリシャでも

哲学者のソロンは42歳以降

「言葉と精神が全盛期にある」と記し、

ユダヤ教の経典の『タルムード』には

40歳は「理解する年」とあります。


惑いまくりの自分と比べて

洋の東西、偉い人は40歳でもう

迷わなくなるのかと

ちょっとへこみましたが、

少し見方を変えてみました。

 

「迷いがなくなる」 というのは

周りの声に

ブンブン振り回されるのではなく、

いろいろな視点で物事を捉えてみて、

自分なりの正解を作っていくプロセス

意味づけてはどうかな?と。

 

迷いは沢山あるけど、

ひとつづつ向き合って

「正解を外に求めない」

その態度が「不惑」だなと

振り返ってみました。

 

コーチングってまさに

その内なる声を

確認するプロセスなんだなと

自分の正解を出してみました(^^)

 

今日の質問

世間的な正解とは違う
自分なりの答えを
出したことありますか?
その時どんな気持ちでしたか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

 

Photo by Annie Spratt on Unsplash

 

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ