コーチング

「聴く」←これ読めますか?

こんにちは 自己効力感を高めるコーチ Lamaです。主に子育て世代のワークライフバランスに役立つコーチング情報を発信しています。

広告
スポンサーリンク

コーチングに関する記事は主に私が発行しているメルマガの内容を加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

「聴す」の読み方

普段「聴く」以外の送り仮名はなかなか出会わないのですが、これ「ゆるす」と読むそうです。

「聴す」というのは読み方通り、あるがままのその人の存在を認める、受け入れるという意味をもっていて、なんと平安時代からある言葉だそうです!

ちなみに「聴色(ゆるしいろ)」という色もあるそうですよ!

聴色(ゆるしいろ)とは?:伝統色のいろは

こんなとても可愛らしいピンク色!

平安時代、高価な染料を使った濃い色は皇族など特別な身分の人にしか着用を許されていませんでしたが、同じ染料で色を薄くしたことで誰にでも着用を許された色が「ゆるしいろ」と呼ばれた所以だそうです。

「聞く」≠「聴く」

よく使う「聞く」は物理的に音を認識するということに対して、「聴く」というのは相手の発する言葉だけでなく五感を通じてメッセージを受け取ることだと私は考えています。

ボディランゲージや声のトーン、その人の雰囲気などまでアンテナを張って聴くことに加えて、その人が話していることの裏にある背景や価値観などの言葉になっていない情報にまで気づけるように相手に集中するというのが「聴く」姿勢ということです。

「傾聴」という言葉になるとちょっと丁寧に聴こうかなという感じになりますよね。傾聴とは、耳に入ってきた音を認識するだけではなく、心から、相手のことを理解したいと真摯に耳を傾けること

「セミの声が聞こえる」のと同列で相手の言葉を聞いても、言葉以上の会話は生まれないのですが、「聴く」という姿勢で時間をかけて対話していくと、話の内容が深まり、関係性まで変わります。もしかしたらそんな経験をあなたももっていらっしゃるかもしれません。

人の話を真剣に聞こうとすると案外エネルギーがいるものです。特に子供の話など結構右から左に聞き流してしまいがちですが、一日数分でもしっかり耳を傾けて聴きたいですね。

今日の質問

傾聴の姿勢で対話したい相手は誰ですか?




読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ