コーチング

「なぜ」が説明できますか?

こんにちは!

広告
スポンサーリンク

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

 

コーチングに関する記事は

主に私が発行しているメルマガの内容を

加筆修正したものをバックナンバーとして掲載しております。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

さて、

今日はいつもと変わって

姿勢のお話し。

私の中での長年の謎が解けたので

共有させてください。

 

私は脳の働きについて

興味があっていろいろ本を読むのですが、

林成之さんという

脳神経外科医の先生の本が

素人でも分かりやすくて

ご著書をよく読んでいます。

2008年の北京オリンピックに際して

水泳チームのアドバイザーとなり

北島康介選手の金メダル快挙をはじめ

多くの選手の躍進を

メンタル面でサポートした

実績のある先生です。

 

オリンピック選手に限らず

プロのスポーツ選手って

すごく姿勢が綺麗だと思いませんか?

いや、逆に

トップレベルの選手で

姿勢が悪い人は見たことがないくらいです。

 

私たちも子供の頃から

「背筋を伸ばして」とか

姿勢のことは常に家や学校で

うるさく言われてきました。

私も親として子供たちに

いつも言っていましたが

なぜ?と聞かれると

ちょっと戸惑いませんか?

 

そう。

なぜ姿勢をよくしたほうが良いのか

誰も説明してくれませんでした。

当たり前のことで

疑問すら持っていなかった

かもしれません。

 

実は姿勢がよいというのは

見た目がよいから、だけではなく、

集中力の高さと関係してくるそうです。

 

まず姿勢が崩れると

体のバランスが崩れ、

目が水平になりません。

 

脳の深い部分「小脳」には「虫部」という

体のバランスや五感からの位置情報を

判断する器官があるそうです。

目が水平になっていると

脳で情報補正すをる必要がないので

頭は疲れないし、

ボールもよく見える。

さらに物事を正確に理解したり

判断する力が上がり、

集中して話を聞くことができるそうです。

 

昔の人の教えが

正しかったことはもとより

脳科学の観点からの解説が

あまりに的を得ていたので

目からウロコでした。

 

みなさんも

当たり前だと思っている「常識」の

なぜを探ってみませんか?

 

「なぜ」が分かると

意識して行動できる

原動力にもなりますよ(^^)

 

今日の質問

当たり前のようにやっている
習慣はありますか?
なぜか説明できますか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)



Photo by Tachina Lee on Unsplash

広告
スポンサーリンク
ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ