子育て

過保護のすゝめ

こんにちは!

自己効力感を高めるコーチ Lamaです。

 

主に子育て世代の

ワークライフバランスに役立つ

コーチング情報を発信しています。

よかったらメルマガ登録もお願いします(^^)

 

私のストレングスコーチングの師匠は

男女雇用機会均等法前から

バリバリ働いてきた

スーパーウーマンです。

 

働きながら2人の(超優秀な)

お子さんを育ててきた方が

子育てはエンゲージメントとストレングス!!

と断言されていらっしゃったので

ぜひその心を教えてください!と

リクエストしたら

なんと!

「ストレングスと子育て」

というテーマで

お話会を開いてくださいました(^^)v

 

ストレングスは

子供の生まれ持った資質を伸ばす

(邪魔しない)

という考え方で大切なのですが、

「エンゲージメント」

さらにその土台!

という話を

ぜひ今日は共有させてください。

 

私自身

「エンゲージメント」という言葉は

最近はやりの組織に対する愛着や

社員のモチベーションの高さ

のような意味合いでしか

イメージできていなくて、

子育てにおける

「エンゲージメント」という文脈が

最初分かりませんでした。

 

先生曰く

子育てにおけるエンゲージメントとは

子供が安心安全の環境にいるか、

信頼できる相手か、

要は

「信頼関係」

がしっかりと成立している状態だと

定義されていました。

 

エンゲージメントがあって

はじめて強みや能力を発揮できる

というのです。

 

ストレングスを勉強して

よし、子供の強みを見つけて活かすんだ!

と意気込んでいましたが、

まずその土台を作るのが先でした。

 

では、どうエンゲージメントを

高められるか?

 

その答えは

「本物の過保護に徹する」

という姿勢だそうです。

 

世に言われる「過保護」は

子供の成長を阻害する育て方、という

ネガティブなイメージですが、

大半は本来の「過保護」ではなく

親の望むように子供を仕立てようとする

「過干渉」

だそうです。

 

最低限守らなければならないラインは

子供にも理解させたうえで、

子供の望まないことをしてあげるのではなく、

子供が望むことを徹底的にやって満足させる。

「おなか一杯になれば

自然に自分で飛び立っていくのよー」

という言葉が印象的でした。

 

子育てとストレングスについては

また個別でお話しできればと思いますが、

私が所属しているマザーズコーチも

ストレングスを取り入れているので

ご興味あればぜひお声かけください(^^)

 

<ご参考>

本物の過保護で子育てしようという

精神科医の佐々木先生のインタビューです↓

https://mindsun.net/sasaki/kahogo.htm

 

今日の質問

あなたは
どんな環境で育ちましたか?
①過保護
②過干渉
③過放任
④無関心

自分はどんな
子育てをしていますか?

読んでいただきありがとうございます。

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです(^^)

Photo by lauren lulu taylor on Unsplash

ネイティブ講師のオンライン英会話EF Englishtown
こちらの記事もおすすめ